無くならないネットの風評被害、主な対策方法をご紹介

ネット風評被害が無くならないなら!主な対策方法をご紹介

普段も酔っぱらいの風体

自分の知らないインターネット上で、犯人は中傷や悪口を書き続けていると思うと気持ちが悪い。
犯人本人に、相手である自分を、恨まなければいけない事情も皆無なのに、止まらない。
ストーカー行為と、何が一体違うのかすらも、わからない。
犯人を突き止めて、「やめて下さい」と言っても、本当にやめるだろうか?
おそらく、ニヤニヤ笑って、関わりたくない人なのだろう。
どうしてこういうタイプの人は皆、判でついたように同じ行動パターンがあるのか、よくわからない。
犯人自身はまるで地球防衛軍のように何かの任務に就いているかの如くの行動で、とりつかれているのか一方的に攻めてきているようも見え、いずれきっと精神病院行きに。
毎日、妄想日記をコンピュータにしたためる異常行動。
途中修正しても、空欄はそのまま。
そしていつも「間違えて」、悪口を妄想した、対象の相手メールアドレスに誤送してしまう。
何故なんだ。
壊れているのか。
わからない。
犯人の頭の中の状態は、何色にも混ざり合い混濁する様子。
犯人はただ理由もなく、ニヤニヤ笑う態度を続けるのみ。
企業の場合は、インターネットを介しての悪意の評判は致命傷です。
営業面に影響するため、早急な対策が必要です。
もし被害にあった時にどうするかの対処法をみつけたい。
風評被害にあった時に考えられるのは、あらゆる手段を考えて、加害者である犯人を特定する法律を知る行為が必須です。
インターネットの中において、犯人自身のする匿名であることからの限度を忘れる失態が原因であり、それをインターネットの中で拡散する現実が、風評被害を拡大させています。