ネット風評被害が無くならないなら!主な対策方法をご紹介

目的が不明なことが困る

泣き寝入り

インターネットの中で掲示板等の書き込みされたワードは、拡散してしまうと書き込みを消滅させることは、不可能に近いようです。
完全に滅却できればいいのにと、誰もが思います。
風評被害などは、簡単に不特定多数の人を巻き込んで、被害の名誉回復は絶望的です。
また、重大な損失や、損害まで被る可能性が大で、危険です。
犯罪になるケースさえ出てきています。
法務局が管理しているインターネット利用の人権に関する事件数は、多く起こっています。
個人を特定化して、悪口をインターネット上に書き込んで嫌がらせをした犯人や名誉毀損やプライバシーにかかわる個人情報漏洩などから、防衛して守る手段はありません。
誤情報であるのに、手の施しようがないなどで、個人の憤りは増すばかりです。

拡散防止に早急な措置

インターネット掲示板やブログなどから悪意の書き込みを発見した場合、誹謗中傷での被害増大を防ぐためにも、迅速な措置を取ることが安全で、心の安定もはかれます。
自社で誹謗中傷を発見することは難しく、関連会社や取引先、関わっている消費者などからの通報が多いそうです。
会社売り上げの推移から極端な売り上げ減少などで、原因発覚などのケースが増えています。
インターネットの中で根拠のない誹謗中傷はすぐさま拡散され、まことしやかに周知されていきます。
企業において厳重な見張りをしてインターネットの中の評判などをチェックすることに努めていても、効果はわかりません。
誹謗中傷が発見された時にはすぐに内容のチェックをして、書き込みのある掲示板等のURLを保存しておき、紙に印刷しておくべきです。


この記事をシェアする