ネット風評被害が無くならないなら!主な対策方法をご紹介

匿名の闇に隠れる

削除依頼

次に、その掲示板の管理者に向け、削除の依頼をします。
サイトのトップページなどから探索します。
トップページなどにある「掲示板管理者へのメール」や「お問い合わせ」、「利用規約」の項目を探します。
項目に沿って入力し要件を的確に書き送信し、管理者からの連絡を待ちます。
必須項目のみに入力します。
掲示板等により違う点もありますが大半は、同様の方法で申立てや通報ができます。
掲示板などの「利用規約」に沿って削除依頼を行い、会社の場合は自分個人の情報や私的なメールアドレスの使用を控え、会社の専用メールアドレスを使うべきです。
全方向に向けた対策は、肝に銘じておいてください。
さらに被害にあわないためにも、顔の見えないインターネットの中では最大限の用心をした方がいいです。

削除は確定的ではない

削除依頼の内容を送信しても必ずしも、掲示板の管理者が誹謗中傷ページの削除を実行するとは限らず、残念なこともあるそうです。
サイトの管理者に削除依頼しても削除されないどころか、サイトを探しても管理者不明の時は、プロバイダという掲示板のサービス提供会社へ削除依頼を行います。
掲示板の管理者やプロバイダへの削除依頼のメール送信時は、メール件名を「削除依頼 誹謗中傷の書き込みの件」など記載します。
削除依頼の必須記載事項は、削除依頼する「URL」と、「違反の書き込み内容」をできるだけ具体的に記載します。
次に改行して「削除理由」として、「上記のとおり、アドレスの掲示板においての事実や根拠のない誹謗中傷する書き込みにより、迷惑しております。今後このような誹謗中傷の内容が拡散したりそれに基づく噂の拡大が続くと思われます。貴サービスの利用規約に基づき、当該書き込みの削除をお願いします」など記載します。


この記事をシェアする